南紀白浜おすすめ観光おしゃれスポット4選!

和歌山県南部に位置する「南紀白浜」は、観光名所として有名な白良浜があり、リゾートタウンとも言われています。

そんな「南紀白浜」ですが、白良浜以外にも多くの観光スポットがあることはご存知ですか?

今回はそんな「南紀白浜」に行くならぜひ行って欲しい、おすすめ観光スポットをご紹介していきます。

アドベンチャーワールド

1つ目は、和歌山テーマパークの人気ランキングで1位を誇る、「アドベンチャーワールド」です。

全国でも珍しい、動物園・水族館・遊園地の3拍子が揃っていることでも有名で、観光スポットとしても人気のテーマパークなんですよ。

期間限定にはなりますが、夜の動物たちを見ることができる「ナイトサファリ」も毎年開催されていて、なかなか見られない動物の一面が見れるのでおすすめです。

また、ジャイアントパンダが見られるテーマパークとしても有名であり、現在7頭のパンダがいます。

1992年生まれで貫禄たっぷりのパンダから、2020年生まれで現在2歳の可愛らしいパンダまで幅広い年代のパンダがいるので、

年齢と照らし合わせながら7頭のパンダを見比べるのも楽しいですよ!

パーク内では、パンダをモチーフにしたスイーツも販売されています。垂れた黒縁で囲われた目をもち、なんとも愛らしいパンダの顔を見ると、

ついつい買ってしまいたくなります!

子供から大人まで楽しむことができる「アドベンチャーワールド」にぜひ遊びに行ってみてください。

とれとれ市場

新鮮な海鮮を堪能できる、西日本で最大級の海鮮マーケット!【とれとれ市場】

市場というだけあって、和歌山で獲れた新鮮な海鮮を堪能できるのはもちろんですが、その他にも、マグロの解体ショーが開催されていたり

和歌山名物がたくさん売られていたりと、魅力たっぷりなんです!

マグロの解体ショーでは、部位ごとの機能やおすすめの食べ方を説明してくれるので、迫力があって楽しいだけでなくとても為になります。

解体しながら漁港のような競りが行われるのも醍醐味であり、見て楽しむのも良いですし、自由に参加もできますよ。

また、市場のすぐ隣にはBBQガーデンが設置されているので、自分で選んで購入した海鮮をBBQで思う存分堪能するのもおすすめです。

市場内には、白米や肉・野菜などのBBQには欠かせない食材もたくさん売られていますよ。

BBQガーデンだけでなくフードコートも設置されており、市場にはお寿司や干物・乾物などの海鮮も売られているので、

自分の好きな海鮮の楽しみ方をぜひ見つけてみてください!

千畳敷

「南紀白浜」に存在する神秘的な海岸として有名な観光スポット「千畳敷」。

打ち寄せられる波の影響で長い年月をかけて自然に出来上がった地形であり、畳状に広がる岩が大海原と合わさった光景はまさに感動ものですよ。

自然のみが作り出す景色を眺めながら聞こえてくる波の音が、非現実的な空間を作り出しているので、

落ち着ける場所となっていつまでもその場にいられてしまうかもしれません。

まるで海外のようなロケーションとも言われており、ウェディングフォトを撮る場所に選ぶ方も多いようです。

また、水平線に浮かぶ夕日と千畳敷を組み合わせた景色は格別なので、夕方の時間に合わせて訪れてみるのもおすすめです。

自然が生み出した絶景が広がる和歌山の「千畳敷」を実際の目で確かめに行ってみてください!

SHIRAHAMA KEY TERRACE ホテルシーモア


綺麗な海の景色を堪能できるとSNSでも話題のホテルSHIRAHAMA KEY TERRACE ホテルシーモア

白浜の海を一望できるオーシャンビューの部屋が並ぶため、絶景が見られて非現実的な空間を感じられるとSNSで話題のリゾートホテルです。

空と海、水面が一体化してインフィニティな感覚を体感できる足湯や、白浜の綺麗な海を眺めながら爽やかな海風も感じられるお洒落なテラス席など、

部屋以外にも非現実な空間となるような場所が備わっています。

部屋の内装は神秘的な海の景色と合うようにお洒落な内装になっており、室内から眺める外の景色には思わず感動してしまいます。

ホテルの中には温泉はもちろん、お洒落なパン屋さんや、夜までカクテルを楽しめるバー、無料のプレイルームもあり、

温泉の日帰り入浴もできるので、1日かけてホテルを堪能しにくるのも良いかもしれませんね!南紀白浜を訪れる際は、

ぜひ「SHIRAHAMA KEY TERRACE ホテルシーモア」に訪れて、充実した時間を過ごしてください!

まとめ

いかがでしたか?

多くの観光スポットがある「南紀白浜」の中でも、特におすすめの場所をご紹介してみました。

「南紀白浜」に行く予定の方、この記事を読んで「南紀白浜」が気になった方などは、ぜひこの記事を参考にして「南紀白浜」の魅力を堪能してくださいね。

この記事は私が書いたよ!

メダカ

TOP